本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

20代の就職・転職、面接対策

当サイトは20代で初めて就職する女性、未経験の仕事に転職する女性のための情報サイトです。正社員になろう!

履歴書作成

未経験の職種へ応募する際の履歴書・志望動機の書き方

受かりたい転職先はあっても、未経験からの転職にはコツが必要です。 会社側から見れば、中途採用者(転職者)を採用するメリットは即戦力です。そのため、未経験者よりも経験者の方が採用されやすい傾向はあります。 しかし未経験であっても、ちょっとコツを知っておけば合格も夢ではありません 。 未経験の職種へ応募する際の履歴書・志望動機の書き方


「志望動機が書けない」状態から脱出する方法

就職活動・転職活動を始めるとき、最初にやらなければならない作業が「志望動機」を考えることです。 本来ならば、最初に志望動機があって応募するものですが、就職活動・転職活動を続けていくうちに順番は逆転し、「応募先を見つけたから、応募先に合わせた志望動機を考える」ようになりがちです。  「志望動機が書けない」状態から脱出する方法


志望動機の失敗事例、これじゃあ書類選考すら通らないよ

書類選考には、たくさんの履歴書が送られてきます。 しかし、どんなにすばらしい経歴の持ち主であっても「これはダメ」という内容の志望動機が書かれていることもあるのです。 今回は意外と多い「志望動機の失敗事例」を紹介します。  志望動機の失敗事例


職務経歴書の構成とわかりやすい書き方

転職活動準備で一番に力を入れて作成すべき書類が「職務経歴書」です。 今までの自分のキャリアを数枚の紙にまとめて、採用担当者にわかってもらう必要があります。 今回は、書類選考を突破するための「職務経歴書の構成」について解説します。  職務経歴書の構成とわかりやすい書き方


自己PR、履歴書と職務経歴書は同じでもいい?

転職活動には、2種類の書類を作成する必要があります。 一つ目は、学歴と職歴をメインに記入する履歴書です。そして二つ目が職歴を細かく記入した職務経歴書です。  自己PR、履歴書と職務経歴書は同じでもいい?


電話のかけ方、メール・書類送付の注意点

転職活動は、面接だけで合否が決まるわけではありません。 会社訪問予約の電話のかけ方、メールの内容も評価されています。 今回は、転職には欠かせない連絡手段を取り上げ、今さら聞けない常識についてお話しします。  電話のかけ方、メール・書類送付の注意点


書類選考落ちた!何が原因なの?

転職活動の第一歩は、履歴書と職務経歴書を作成することです。 第一関門である書類選考を突破するためには、採用担当者によい印象を与える履歴書と職務経歴書が不可欠なのです。  書類選考落ちた!何が原因なの?


転職先企業の情報収集の方法

転職することを決めたら、転職先を探します。 転職先は、ハローワークや転職サイトから情報取集こともできますが、会社四季報や会社パンフレットからも情報を集めることができます。 転職先企業の情報収集の方法


面接対策

転職面接でよく聞かれる質問と答え方

転職面接では「よく聞かれる質問」があります。 よく聞かれるということは、面接担当者が一番知りたいことであるため、どのように答えるかはしっかりと考えて答えを準備しておく必要があります。  転職面接でよく聞かれる質問と答え方


長所と短所、面接でどう答える?

転職面接では、必ずと言っていいほど長所と短所が聞かれます。 長所も短所も自分の性格を分析したり、第三者から話を聞いたりして考えるものです。 しかし一見「よく聞く長所」や「言いがちな短所」が面接で大きく足を引っ張っている可能性もあります。  長所と短所、面接でどう答える?


面接で聞かれる「強み」「弱み」の上手な答え方

転職の面接では、自己PRを求められることがあります。 しかし、自己PRは事前に文章を準備してくる人が多いため、「あなたの強みは?」もしくは「あなたの弱みは?」と質問されることがあります。  面接で聞かれる「強み」「弱み」の上手な答え方


就職の面接で『ブランク』について聞かれたら

転職は「転職回数が少ない人」や「前職退職からのブランクが短い人」ほど成功を早くつかみやすい傾向があります。 しかし、予想外に面接がうまくいかず、ブランク期間が長くなってしまう人も多いのです。  就職の面接で『ブランク』について聞かれたら


逆転の発想!【転職】面接で失敗談を上手に答える方法

転職面接では、過去の自分の失敗談について話を求められることがあります。 「失敗=知られたくな話」と思われがちですが、実は伝え方によっては自分の評価を上げることもできるのです。  逆転の発想!【転職】面接で失敗談を上手に答える方法


面接の最後に逆質問を求められる本当の意味とは?

面接では、最後に逆質問する機会が与えられることがあります。 逆質問とは、転職者が面接官に質問をすることをいいます。転職者が、会社や面接について気になることがあればこのときに質問をします。  面接の最後に逆質問を求められる本当の意味とは?


【転職】面接での上手な質問のコツ

転職面接は、採用担当者からの質問を受けるだけでなく、転職者が「聞きたいこと」を質問する場でもあります。 納得できる転職先をみつけるためにも気になることは面接の場で質問し、明確にしておきたいものです。  【転職】面接での上手な質問のコツ


転職の面接で英語を使う!英会話面接を乗り切る対策法

最近は、一般的な仕事でも英語を日常的に使う業務が増えてきました。 外国人と直接接する機会はないとしても、メールや電話の取次ぎができる程度の英語力は必要です。  転職の面接で英語を使う!英会話面接を乗り切る対策法


面接でやってはいけない3つのNG行為とは?

転職面接は、限られた時間で合否を決めなければならないため、一挙手一投足が大切です。 「知らなかった」では済まされない、やってはいけないNG行動を具体例を挙げて紹介します。 面接でやってはいけない3つのNG行為とは?


面接官が答える「採用される人」の面接での発言!

転職面接では、さまざまな質問がされますが中には「この人はできる人だ」と思わせる発言をする人がいます。 一つでも「すごい発言」をすると、その人は面接担当者の心に残るものです。  採用される人の面接での発言


【就職・転職】面接担当する社員と役割!

面接対策 転職面接は、一般的に一次面接と二次面接の2回実施されます。 面接担当として面接に入る社員は、一次面接と二次面接では役職が異なるのです。  【就職・転職】面接担当する社員と役割!


最強の最終面接対策を大公開!

転職面接は、新卒面接と比べると回数が少ない傾向があります。 一次面接は、部門長と直属の上司が行い、二次面接が最終面接となることもあるのです。  最強の最終面接対策を大公開!


採用担当者と面接担当者の違いとは?

就職活動・転職活動をしていると、面接担当者と採用担当者に違いがあることに気がつきます。 実は、それぞれの担当者には異なった役割があるのです。  採用担当者と面接担当者の違いとは?


採用試験対策

【転職】採用時の筆記試験の中身と対策

転職面接では、それまでの経験やスキルがものを言うことがおおいのですが、一部の会社では筆記試験が行われることもあります。 筆記試験の内容は適性検査や性格分析・知能などですが、一定の基準をクリアしなければ採用にならにこともあるのです。 採用時の筆記試験の内容と対策


採用試験の小論文・作文の上手な書き方!勝ち抜くコツ

転職試験は、筆記試験と面接が行われることがあります。筆記試験の中には小論文が出題されることもあり、合否を決める大切な材料になります。 今回は、小論文が苦手な人に送る「採用を勝ち取る小論文の書き方とコツ」についてお話しします。 採用試験の小論文・作文の上手な書き方!勝ち抜くコツ


転職面接でのグループディスカッションを成功させるコツ

短い面接だけでは、転職者のすべてを評価することは難しいものです。 また、面接は面接担当者対転職者の1対1の話し合いになるため、話す時間は確実に保証されています。 グループディスカッション


求人の探し方

知らないと損!【転職】セミナーの上手な活用方法

転職セミナーは、都心など交通の便のいい会場で日々開催されています。 セミナーには、新卒と変わらない年齢から中間管理職からの転職を思わせるような方まで参加していることもあります。  知らないと損!【転職】セミナーの上手な活用方法


就職・転職活動!ハローワークの賢い使い方

就活・転職活動を進めていくためには、会社と自分の間に転職サイトや転職エージェントなどを入れることになります。 大手企業を希望したり、高いスキルを持っているならば転職エージェントも活用できますが、効率的に転職エージェントと付き合える人は、ごく限られた人なのかもしれません。  就職・転職活動!ハローワークの賢い使い方


転職にもコネ・縁故採用はある?人脈は使える?

新卒の就職活動をしていると「親戚に会社の上役がいるから」とコネ・縁故採用の話をしていた人もいるかもしれません。  転職にもコネ・縁故採用はある?人脈は使える?


悩み・失敗

面接に遅刻したり、無断欠席、ありがちな失敗事例

会社訪問や面接で会社を訪れるときには、すべてが評価対象になっていると思っていた方がいいでしょう。 転職者側は「会社訪問」と思っていても、採用担当者は面接の一環として行っていることもあります。  面接に遅刻したり、無断欠席、ありがちな失敗事例


【転職】面接の質問に答えられないときの対処法

転職の面接では、さまざまな質問を受けることになります。 全く知識がない質問やすぐには答えられない質問も多く聞かれるのです。  【転職】面接の質問に答えられないときの対処法


面接でついた嘘はバレる?学歴詐称などマナー違反

書類選考を勝ち残り面接までくると、つい意気込んでしまい「やらなければよかった」をやってしまうことがあります。 軽い気持ちでやってしまったことも、意気込んでやってしまったことも、面接担当者からみれば評価の対象となり、言い訳をすることはできません。  面接でついた嘘はバレる?学歴詐称などマナー違反


転職回数が多いと不利?3回以上転職した人の面接対策!

転職回数は少なければ少ないほど良いと言われています。初めての転職であれば、即戦力になる経験者として逆に有利になるかもしれません。 しかし、3度目以上の転職になると、転職理由が「会社ではなく本人にあるのではないか」と思われてしまうかもしれないのです。  転職回数が多いと不利?3回以上転職した人の面接対策!


圧迫面接は事前対策で乗り越えられる!

転職面接の回数を重ねていくと、圧迫面接に出会うことがあります。 圧迫面接には大きく3種類あります。 それぞれの圧迫面接で目的があり、チェックポイントが存在しているのです。  圧迫面接は事前対策で乗り越えられる!


口下手な人が面接を上手に乗り越えるコツ

転職面接は約10分程度です。たった10分間の間に人間性や仕事の能力を見極め、合否を決める必要があるのです。 そのため、採用担当者はさまざまな視点からたくさんの質問を浴びせます。  口下手な人が面接を上手に乗り越えるコツ


面接でのトラブル・失敗事例と採用につなげる対処法

転職や就職の面接では、緊張のあまり想定外のトラブルをしてしまうこともあります。 トラブルの多くは、面接に誠実に対処しているがために起きてしまうことであるため、失敗がすぐにマイナス評価になるとは限らないのです。  面接でのトラブル・失敗事例と採用につなげる対処法


就職・転職活動中の想定外を乗り越える対処法

転職活動中は、面接中に限らず「想定外」の事態がたびたびおこります。 「まさか」の事態がおきたとき、落ち着いて行動するためには、事前に対処法を準備し頭の中でシュミレーションしておくことが大切です。  就職・転職活動中の想定外を乗り越える対処法


働きながら転職活動する?それとも辞めてから?

転職活動っていつから始めるべきだと思いますか? 「働きながら?」それとも「会社を辞めてから?」 それぞれメリットとデメリットがあります。今回はそれについて話します。 働きながら転職するメリット


失礼な採用面接の会社から内定が、入社するか迷う…

就職活動や転職活動の採用面接では、失礼な質問や答えにくい質問をされることもあります。 答えにくい質問が続いたり、気分を害するような態度が続いたりすると「圧迫面接かな」と勘繰ってしまいます。  失礼な採用面接の会社から内定が、入社するか迷う…


就職できない

就職が決まらないと焦る!

転職活動はゴールが見えないマラソンのようなものです。 ゴールが見えないまま数カ月も走り続けていれば、中だるみが始まっても不思議ではありません。  就職が決まらない


転職先が決まらない「3か月目のスランプ」

転職活動を始めて3カ月が過ぎたころから、当初は予想もしていなかったような悩みが出てくるものです。 その多くは、事前に準備しておけば、簡単に乗り越えられるものばかりなのです。  転職先が決まらない「3か月目のスランプ」


仕事にやりがいを求めて転職するのはちょっと待って!

やりがいのある仕事を持っている人は、とても恵まれている人ではないでしょうか。 一方で、現在の仕事にやりがいを感じず「転職」を考える人もたくさんいます。  仕事にやりがいを求めて転職するのはちょっと待って!


長く働ける会社の見つけ方

一つの職場で落ち着きたい、長く働きたいと思って入社しても、実際に働いてみると思っていたような会社ではなかったということがあります。  長く働ける会社の見つけ方


就職・転職活動!「お金をかけるべきところ」

転職活動は、想像以上にお金がかかります。出費ばかりで収入が途絶える生活は、とても不安になるものです。  就職・転職活動!「お金をかけるべきところ」


バナースペース