本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

圧迫面接は事前対策で乗り越えられる!



転職面接の回数を重ねていくと、圧迫面接に出会うことがあります。20代の女性なら1度くらい圧迫面接を受けたことがあるかもしれませんね。

圧迫面接には大きく3種類あります。

それぞれの圧迫面接で目的があり、チェックポイントが存在しているのです。

今回は、圧迫面接をしているときに面接担当者が注目しているチェックポイントから対策を紹介します。


実は「圧迫」ではない?

面接の中には、就職・転職希望者が「圧迫面接された」と思い込んでいることがよくあります。

面接を担当する面接担当者の中には、人見知りや面接に慣れていない人もいるのです。

新卒採用の場合は、自分の子どもくらい年の離れた相手であるため、ある程度余裕をもって面接することができるかもしれません。

しかし、転職者ともなれば自分と大して年も離れていない人を相手にすることもあるのです。面接担当者でも、緊張してしまい表情が固まってしまうことがあります。

その硬い表情をみて、転職者は「圧迫面接をしている」と受け取ってしまうことがあるのです。

思い込みの圧迫面接の場合は、「圧迫面接だ!」と思ってしまった段階からお互いの雰囲気がギクシャクしてしまいます。

多くの企業は、圧迫面接は行いません。

一方的に「圧迫」と思わずに、「面接担当者も緊張しているんだ」と受け取り、落ち着いて受け答えをするようにしましょう。

本当は圧迫ではない圧迫面接の場合は、人間の器の大きさがチェックポイントになります。

面接担当者の表情一つに左右されることなく、自分の芯を持ち続けておくことが大切です。

失礼な態度による精神的な圧迫面接

答えに困るような質問ばかり投げかけたり、失礼な態度をしたりする圧迫面接もあります。

就職・転職希望者に対して、精神的な圧迫面接を行うことは、失礼な面接ともいえます。しかし、面接担当者の中にはあえて圧迫面接をしかけてくる人もいるのです。

制精神的な圧迫面接を行う目的は、逆境時の忍耐力やプレッシャーに対する強さをチェックしていると考えられます。

わざと失礼な態度をすることで「短気度」をはかっているのかもしれません。

しかし、面接のときに感じるプレッシャーと仕事上で感じるプレッシャーは、全く違うものです。

本当ならば、面接の場でチェックすることは難しいと思われるのですが、中にはそういった方法でチェックする人もいるのです。

精神的な圧迫面接のチェックポイントは、「ちょとした挑発に乗らない冷静さ」を持っているかです。

面接中に精神的な圧迫面接を行う面接担当者は、比較的感情的になりやすい人なのかもしれません。挑発に乗らずに、冷静な表情で対応することが大切です。


面接の終盤で圧迫面接が行われたとき

実は、面接の終盤で圧迫面接が行われたときには「面接担当者の優しさ」であることも考えられます。

残念ながら採用とならない場合、「見込みあり」と思わせて不採用通知を突きつけるよりも、「ダメだったかな」とある程度覚悟をさせてから不採用通知を届けるほうが、傷つけずに済むと思う人もいるのです。

一般的に、すべての面接が圧迫面接で終わることは少ないでしょう。

最後は、会社側も印象よく終わりたいと考えます。そのため、面接の最後に圧迫面接が行われた場合は、圧迫面接ではなく「やさしさ」なのかもしれません。

面接の終盤で圧迫面接をされたときには、なにか不採用になる要素があったと考えられます。

しかし面接は終わったわけではありません。不採用にされる要素がどこにあったかを振り返り、できる限り不採用の要素を取り除くように頑張ってみましょう。

もしかしたら、挽回できる要素かもしれないのです。面接が終わるまでは、あきらめずに誠意をもって対応することが大切です。

目説の終盤で圧迫面接が行われたときのチェックポイントは、面接担当者がチェックしているのではなく、転職者が面接担当者の意図を見抜くことがポイントになります。

残された時間の中で、面接担当者がどのような言葉を求めていたのかを考えてみましょう。


最後に

圧迫面接は、マイナスのイメージが先行してしまう傾向があります。しかし、その思い込みによってマイナスに作用してしまうこともあるのです。

面接中に「圧迫だ」と思っても、マイナスにとらえないことこそ圧迫面接を上手に乗り越えるために必要なことであり、面接担当者がチェックしているポイントなのかもしれません。


バナースペース