本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

応募倍率が高い職種・人気企業の面接を突破するコツ



倍率の高い人気職種の面接は、意外と仕事の能力が高いだけでは合格に結びつかないことがあります。

パソコンスキルや一般常識だけでなく、さまざまな年齢層の人達と一緒に働くことことができる「明るい性格や社交性」がとても大切なポイントなのです。

今回は、倍率が高い職種の面接を受けるときに好印象を与えるポイントを4つ紹介します。

清潔感ある髪型と服装

会社員になると、来社したお客様を案内することもあります。そのため、清潔感がとても大切です。

女性は、髪が肩に届くようであれば束ねるようにしましょう。

また、お辞儀をするときに前髪をかきあげなくてもいいように、前髪はピンでとめるか短めに切るようにします。

服装は、シワやホコリに注意します。小さすぎるスーツは、動きに制限を与えてしまいます。多少ゆとりのあるサイズを選んだ方がいいでしょう。

意外と大切なポイントが靴です。靴は一番汚れやすいものですが、一番面接官から目が届くものでもあります。靴は常に磨くようにします。

また、靴を選ぶときにはサイズやデザインだけでなく、靴底にも気を使いましょう。

会議室や社内では、できるだけ足音をたてないようにします。オシャレなほど靴底が固いため、歩くたびに足音が響きやすくなっています。靴底はゴム底で足音が響かないかをチェックしましょう。

面接の入室と退室のお辞儀は要注意

内勤の職種の場合は、一日中オフィスで仕事をしています。同じオフィスの中には外回りの営業マンも多いのです。

外から疲れて帰ってきた営業マンに明るく「おつかれさまです」と声をかけられるような人であるかも面接では見られています。

内勤は、オフィスの雰囲気をつかさどる人材です。周りの空気を読み、状況に応じた対応がとれる人が適しているでしょう。

採用担当者は、「さわやかな人柄」の判断は挨拶をみればわかるものです。面接で会議室に入室したときに、自然と笑顔で「よろしくお願いします」と言うことができる人は好感度が高くなります。

そして、面接が終わり退室するときの挨拶をみれば、ビジネスマナーが身についている人かを判断することができます。

椅子をデスクの中に入れて、面接官の目を見て「ありがとうございました」とはっきりと言いましょう。

そして、会議室の扉の前でもう一度面接官にお辞儀をします。このときのお辞儀は、焦らずにゆっくりと行うことがポイントです。

目を見て相づちを打つ

面接中は、数人の採用担当者が質問をします。どのような質問に対しても、面接官が話している途中で気持ちを顔に出したりせずに、ところどころで相づちをうちながら聞きましょう。

人の話をしっかりと聞くことができる能力がある人は好印象を与えるのです。

ハキハキとしているあまり、質問が終わっていないにもかかわらず答え始めてしまう人がいます。

相手の話は最後までじっくりと聞き、頭の中で答えをまとめてから話し始めるようにしましょう。

元気よくおしゃべり好きであればいいというわけではありません。必要な言葉を選び、話すべき時にはっきりと話すことができる人が好印象を与えるのです。

気持ちの切り替えができる

倍率が高い職種の面接には、スキルが高い人材がたくさん応募してくるものです。

グループ面接で、自分よりも上手にアピールできている人がいると、焦ってしまい失敗してしまうこともあります。

しかし、いつまでも失敗を引きずっているわけにはいきません。すぐに気持ちを切り替えて次の質問に取り掛かる必要があるのです。

面接では、気持ちの切り替えやストレスに対する強さをみるために、わざと意地悪な質問や態度をされることがあります。もしも気分を害したとしても、嫌な顔はせずに質問に答えてみましょう。

答えたくない質問や答える必要がないと判断したときには、態度で表現するのではなくはっきりと「申し訳ありません。すぐに答えが出ません」など言葉で伝えるようにしましょう。

社交的と馴れ馴れしいとの区別ができている

面接担当者が自分よりも若かったとしても、人懐っこくなれなれしくなってはいけません。

営業マンの中には、自分よりも年齢が上で目上の人もたくさんいます。社交性の中にも礼儀と敬意をわきまえておくようにしましょう。

若い面接担当者がフレンドリーに話をしてきたからといって油断せず、会社関係者とはきちんとした敬語を使って話すようにしましょう。

応募倍率が高い職種は、それだけ人気があるということです。転職者の思い入れも強い傾向があるため、入念に準備をして面接に臨みます。

周りの空気に圧倒されず、常に平常心で対応できるように心がけましょう。

最強の最終面接対策、大公開!


バナースペース