本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

ブライダル業界に就職・転職するコツ、求人の探し方



華やかで幸せな結婚は「転職先」としても人気があります。

ブライダル業界は転職先の中でもダントツの人気があり、ブライダル業界専門の転職サイトもたくさんあるのです。

今回は「人気のブライダル業界へ就職・転職を考えたら知りたい情報」を詰め込みました。

ブライダル業界は職種が豊富

ブライダル業界とは「結婚」に関する仕事をいいます。

結婚式の計画と進行を行うブライダルコーディネーター(ウェディングプランナー)を始め、結婚披露宴で給仕をする人や司会者、ヘアメイクも含まれます。

職種を問わず、華やかなブライダル業界に転職したいと思うならば、今までの経験を活かせる職種で転職活動をした方が有利に動くことができるでしょう。

例えば、営業経験者ならば営業職があります。接客経験者ならば、会場での案内係があります。

ブライダル業界への転職の第一歩は、自分に合った職種を探してみることでしょう。

いずれにしてもブライダル業界は、年齢層の幅広い人たちを相手にする仕事です。正しい言葉遣いと一般常識は必要でしょう。

新卒であれば、卒業後にブライダル専門学校に通うことも検討しましょう。

人気のブライダルコーディネーターはハードな職業

ブライダル業界の中でも一番の花形は「ブライダルコーディネーター(ウェディングプランナー)」ではないでしょうか。

幸せな新婚カップルと一緒に結婚式と披露宴の計画をたてることが主な業務です。

一見、華やかな仕事ですが実は心身ともにハードな仕事なのです。

なぜならば、ブライダルフェアや相談会は平日の夜や休日に多く行われます。そのため、休日は平日のみという職場が非常に多いのです。

また結婚式の相談や打ち合わせは、幸せで楽しいことばかりとはいえません。家庭によっては事情があったり、両家の関係がうまくいっていないこともあるのです。

その間に入って、関係をうまくつなぎながら打ち合わせを進めていくことも大切な業務の一つなのです。

ブライダルコーディネーターは「トラブルがなくて当たり前。トラブルがあっては許されない」仕事です。常に気を張り、周囲に目が届くスキルが必要でしょう。

ブライダル業界への転職は転職サイトが便利

ブライダル業界への転職は、ブライダル専門の転職サイトが便利です。一つの結婚式や披露宴を行うためには、たくさんの人手が必要です。

しかし、正社員のように毎日出社してくるのではなく、結婚式当日だけ必要な職種もたくさんあるのです。

例えば、披露宴会場での給仕や案内は当日必要な仕事です。

ブライダル専門の転職サイトには、勤務できる曜日や時間帯を入力しておけば、式当日だけの仕事を紹介してもらえるサービスもあります。

ブライダル業界に転職してみたいけれど、実際の職場を体験してみたい人や勤務できる日や時間帯に制限がある人にも適しています。

新卒の場合

新卒の場合は、学業と並行できる夜間のブライダル専門学校に通ってはいかがでしょうか。ブライダル専門学校では、就職サイトや大学にはきていない求人を見つけることができます。

そこの専門学校を卒業した人限定の求人も多くありますので、就職に有利です。

卒業後に全日制の専門学校に通うのが一番確実ですが、費用面・時間面で難しいという方は、大学とのダブルスクールできる夜間専門学校がおすすめです。

ブライダル専門学校の中には、週3日夕方から3時間程度、半年〜1年程度で修了するところもあります。

新卒だけでなく、20代後半で一度も就業経験がない人などにも、専門学校は学歴をリセットできると人気です。

最後に

ブライダルに関する仕事は、結婚式場だけでなくホテル・レストランにもあります。

いずれにしても、マナーや教養が必要な業界です。日頃から立ち振る舞いやマナーを身につけ、魅力ある人を目指しておくといいのではないでしょうか。


バナースペース