本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

就職の面接で『ブランク』について聞かれたら



就職・転職は「卒業直後の人」「転職回数が少ない人」や「前職退職からのブランクが短い人」ほど成功を早くつかみやすい傾向があります。

しかし、予想外に面接がうまくいかず、ブランク期間が長くなってしまう人も多いのです。

採用担当者にとっては、「ブランク期間」はとても興味のあることです。

今回は、転職面接で「ブランク期間」をマイナスに思われない答え方を解説します。


「ブランク期間」にやっていたことを詳しく話す

ブランク期間とは、転職であれば前職を退職してから今までの期間、新卒であれば卒業してから今までの期間をいいます。

例えば、退職後にすぐに転職活動をして3カ月間が過ぎた人も、退職後に海外に3カ月間行き、転職活動は始めたばかりの人も、ブランク期間は同じ3カ月になるのです。(3か月目のスランプ

採用担当者は、ブランク期間が長い人が「なかなか内定がもらえない人」か「就職・転職活動を本気でやっていない人」のどちらなのかを知りたいのです。

「なかなか内定がもらえない人」ならば、他者が不採用にした人材ならば採用しない方がいいのではないかと思うかもしれません。

また、就職・転職活動に本腰を入れていない人材ならば、採用してもやる気がないかもしれないと思うかもしれないのです。

つまり、ブランク期間が長くなれば長くなるほど、マイナスの評価が付いて回るようになります。

大学を卒業してから、もしくは前職を退職してから、気分転換に海外に長期間旅行や語学研修に出ていてブランク期間が長くあいたのならば、そのまま説明するようにします。

しかし、就職・転職活動をしていたにも関わらず、採用が決まらないためにブランク期間が長くなってしまった人は言い方に工夫が必要です。

ただ「就職・転職活動が長引いた」だけでは、採用担当者の印象はよくありません。なぜ就活が長引いたのかを説明するようにしましょう。

就職・転職活動が長引いたときの賢い説明の仕方

就職・転職活動が長引く理由は、2種類あります。

一つ目は「自分は好きな会社だったのに落とされてしまった」、二つ目は「自分が希望する会社がなかなかみつからなかった」です。

賢い説明ができる理由は、後者の「自分が希望する会社がなかなかみつからなかった」からです。

この理由を言うことで「もう転職をすることがないように、用心しながら受ける会社を探してきました」と伝えることができるのです。

転職者は、ブランク期間が長引くと焦ってしまい「受けまくる」人もいます。

たいして企業研究もせずに受けてしまったため、採用されて合わずにすぐに辞めてしまうこともあるのです。

採用担当者は、自分の会社が「用心して選ばれた会社」と言われればうれしくなるものです。

そして、どんなときでも落ち着いて考えられる人材であると評価するとも考えらます。

ブランク期間は、説明の仕方によってはプラスにもマイナスにも変えることができるのです。


ブランク期間に受けた面接経験を次の面接で生かす

ブランク期間が長くなっているということは、落ちてしまった会社もある程度あるということです。

落ちてしまった面接を無駄にしないためにも、聞かれた質問や返答した内容はメモに残しておきましょう。

次の面接を受けるとき、今までに聞かれた質問を読み返すことで質問を予想することができます。

会社は変わっても、採用担当者が知りたい項目は似ているものです。


長すぎるブランクには資格取得

ブランク期間が半年を超えるようであれば、ブランク期間中に何かしらの成果を残すといいでしょう。

成果とは、資格取得など面接でアピールすることができることです。

ブランク期間中に何も成果が残せないと、停滞していた期間になってしまいます。「転職活動をしながらでも前を向いて進歩していた」ということを証明するためにも資格取得はよい方法でしょう。

取得する資格は、ビジネスに関連したものがオススメです。簿記検定でも英検でもいいし、秘書検定も実務で役立てることができると20代女性に特に人気!

無職で資格取得にかける費用があまりない方には、秘書検定3級もしくは2級がおすすめです。難易度はそれほど高くないので、スクールに通わなくても本を1冊かって勉強すれば合格できます。

秘書検定の内容は、ビジネスに役立つ実務的な内容になっています。秘書検定の勉強をしていることをアピールすることで、やる気がある人という印象を与えることができます。

資格取得でなくても、セミナーや勉強会に参加し自分を高める努力をしてもいいでしょう。

自分のスキルを高めておくことで、ブランク期間が単なる何もしていない期間ではなくなります。

面接では、「今までできなかった資格の勉強やセミナーに参加していました」と言うことができるのです。

採用担当者は、ブランク期間の空いている時間を自ら考えて有効活用できる人を高評価します。

仕事を与えられるまで待つのではなく、自らやるべき仕事をみつけて行動できる人材であると考えるのです。

就職・転職活動中は毎日が不安です。ブランク期間が長くなればなるほど、何をやっていいのかわからなくなってしまいます。

そんなときに、セミナーなど同じ転職者が集まる場に参加してみると、よい気分転換になります。ブランク期間だからこそできることを探してみてもいいのではないでしょうか。


バナースペース