本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

病気で会社を退職後のブランクを面接でどう説明する?



病気が理由で会社を退職し、治ったため転職活動をスタートする20代女性もいます。

前職を辞めてから転職までの期間が長いとき、ブランクがある場合は面接でどのように説明すればいいのか困りますよね。

そこで、病気で会社を辞めた場合のブランクの説明方法を紹介します。

面接でブランクをどう説明方法

面接では、個人の病気に関する質問がされることはありませんが、採用担当者にとっては「完治してるのか」「治療しながら通勤するのか」は気になる問題です。

病気が理由で退職した場合は、可能な限り「完治した」もしくは「治療しながら通勤する」かは答えたほうがいいでしょう。

もしも完治してるならば、仕事に影響はないため「業務に支障はない」ということをしっかりと伝えたほうがいいでしょう。

面接では完治したことが伝わるように、現在行っているスポーツや生活状況などを具体的に話せるとわかりやすくなります。

もしも、治療しながら通勤する必要がある人は、面接で「通院は土曜日なので、平日は残業も可能です」など、どの程度仕事に影響が出るのかを話しておきましょう。

病気の治療に時間がかかり、ブランク期間が長くなった人は、ブランク期間中に何をやっていたかを話してみてもいいでしょう。

ブランク中に病気の治療だけでなく、資格の勉強も行っていたことを伝えれば、「働くことへの意欲」を伝えることができます。

しっかり答えることでプラス評価に

聞かれたくない「弱点」ほど、採用担当者は気になり聞きたくなるものです。

質問から逃げるのではなく、どのように答えるかで弱点は強みにもなることができるのではないでしょうか。


バナースペース