本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

転職エージェントと転職サイトの違いとメリット



就職・転職をするためには、求人が出ている企業を探すことから始まります。

求人を探す方法は、転職サイトやハローワークなどがありますが、転職エージェントを利用する方法もあるのです。

今回は、転職エージェントを利用するメリットとデメリットについてお話しします。


転職エージェントと転職サイトとの違い

転職サイト

転職サイトは転職者と会社との間には、転職サイトを運営する会社が入ってはいますが、顔を合わせることはなく、実際は転職者と会社がコンピューターを通してつながっていくことになります。

転職エージェント

一方、転職エージェントは、顔を合わせながら転職の相談と紹介を進めていく「転職者と会社との仲介業者」のようなものです。

転職エージェントとの最初の接点は、転職エージェントのホームページから登録することです。

登録ページに必要事項を入力し、担当者からの返信を待ちます。

転職エージェントは、大手から小さなエージェントまでとてもたくさんあります。

どのエージェントも転職者一人につき、一人の担当者を配置し相談から紹介、入社までを担当させることになります。

そのため、担当者との相性が転職を成功させるカギとなるわけです。

転職エージェントの中には、新卒や一度も就職したことのない既卒、すぐに退職した第二新卒も対象に、就職サポートを実施しているところもあります。

転職エージェントのメリットと転職サイトのメリット

転職サイトのメリット

転職サイトのメリットは自分のペースでじっくりと調べながら活動できることでしょう。

また、転職サイトはメールでのやりとりになるため、在職しながらの転職活動でも勤務中に電話が鳴る心配をすることもありません。

転職エージェントのメリット

転職エージェントのメリットは、担当者がつくため相談しながら転職活動を進めていけることでしょう。

また、担当者は転職活動のスケジュール調整も行うため、転職者がマイペースな人でも一定のスピード感を持って活動を進めることができます。

また、転職エージェントは転職者と転職先の採用担当者の間に入って、さまざまな調整を行います。

例えば、最初に提案された給与で満足できない場合は、給与の交渉をお願いすることもできるのです。

転職エージェントを通しての活動は、転職者に一定のスキルがある場合は、強気の交渉ができることも大きなメリットでしょう。

転職エージェントは、担当者がつくことがメリットですが、ときには担当者と相性があわないこともあるかもしれません。相性のよい担当者でないと良い企業を紹介してもらえないことも。

そんなときには、遠慮なく担当者を変更してもらうようにしましょう。


上手な転職エージェントの選び方

転職エージェントは、とても多くどのエージェントを選んだらいいのか迷ってしまいます。

公式サイトだけでは、わからないことも多いため、複数社の担当者と実際に会ってみることをおすすめします。

転職エージェントによっては、担当者と会ったときに簡単なパソコンテストやスキルチェックを行うこともあります。

高度なスキルを持っている転職者を対象にしている転職エージェントは、スキルレベルによっては登録できないこともあるのです。

自分のスキルがどの程度なのかを客観的に表現できるようにしておくと、顔合わせのときの説明が楽になるでしょう。

よい転職エージェントは、転職者がどのような転職先を求めているのかをしっかりと聞きだし、ニーズに合った転職先を紹介するものです。

また、担当者はたくさんの転職者を見てきた経験から、転職者のスキルや雰囲気からおおよその合格率を予測します。

そして、できるだけ合格率が高い企業を紹介してくれるのです。

自分のスキルを客観的に評価し、現実に即した転職活動をすることができるため、短期間で効率の良い転職活動をすることができます。


まとめ

インターネットで「転職エージェント」を検索すると、山のような数がヒットします。

転職エージェントは、強い業界と弱い業界を持っています。

「自分が求めている転職業界に強い転職エージェントはどこなのか」を見極めることが第一歩です。

そして、自分と合った担当者と出会うことが成功するポイントになります。

20代女性を専門としている転職エージェントもあります。


バナースペース