本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

面接当日に日程の延期・変更をお願いするときの注意点



面接日程は、事前にお互いの日程をすり合わせて決定されます。

転職の面接には、複数人が受けに来るため、採用担当者は業務を細かく調整して面接時間を作り出しているのです。

そのため、突然のキャンセルや日程変更は、採用担当者に多大な迷惑をかけることになり、極力避けなければなりません。

しかし、秋から冬にかけては風邪やインフルエンザが流行る時期です。面接当日に突然発熱することも考えられます。

迷惑をかけることにはなりますが、体調不良のときは無理をせず延期をお願いしましょう。

今回は、転職面接当日に面接の延期をお願いするときの注意点についてお話しします。

体調不良の場合はできるだけ早めに連絡する

秋から冬にかけてはインフルエンザが流行ります。

インフルエンザは、突然発熱する傾向があるため、前日は元気だったのに面接当日の朝になって発熱する可能性もあるのです。

しかし、風邪やその他の体調不良の場合は、数日前から体調が悪くなることが多いのではないでしょうか。

頭痛がしたり、くしゃみが続くようであれば、体調が思わしくない状態です。

本当ならば、面接に備えて体調管理することも社会人として必要なスキルですが、症状が悪化し「面接当日までに治せない」と思ったときには、早めに採用担当者に連絡するようにしましょう。

採用担当者は、総務部人事課の社員ですが、採用だけが業務ではありません。

面接に費やす時間は、その他の業務を調整して作り出した時間です。

早めに面接延期の連絡を受けることで、無駄な時間を過ごす必要がなくなります。

また、早めに延期の連絡をすることで、新たな面接日の調整をすることができます。

転職は、スキルや経験も重要ですがタイミングがとても重要です。面接日を遅らせただけで、合格のタイミングを逃してしまう可能性も考えられます。

面接日を変更するならば、1日でも早い日程で調整する努力が必要です。

採用担当者がキャンセルと誤解しないように注意する

面接の日程の延期や変更をお願いするとき、連絡の仕方によっては「キャンセル」と誤解されてしまうことがあります。

採用担当者によっては、面接の延期の申し出があったとき、素直に「体調が悪いなら仕方がない」と思わない可能性もあるのです。

例えば、他社が第一志望の転職者ならば面接日を引き延ばすことで、第一志望の結果次第で対応を考えようと思っているのかもしれないからです。

つまり、第一志望の会社から合格をもらえたら、延期した面接をキャンセルしてしまい、万が一不合格だったならば「体調がよくなりました」といって面接を受けに来ると考えます。

転職面接を「延期」するのか「キャンセル」するのかは明確に伝えましょう。

延期をお願いする場合は、面接を受けたい気持ちを強く伝えておくといいでしょう。

延期のお願いは電話ですることになりますが、電話は顔の表情が見えません。

遠慮がちに「できるならば面接を延期してほしい」とだけ言ったのでは、気持ちは伝わりにくいでしょう。

「私は御社を強く志望しています。可能であれば日程を改めて面接を受けさせてください」と伝えれば、悔しい気持ちと共に、強気意志を伝えることができます。

面接当日に連絡をするときは「電話連絡」と「メール」

面接延期の約束を電話で取ることができたとしても、電話の後はメールで連絡をしておきましょう。

電話は、記録に残すことができません。

しかも、電話対応した人が採用担当者でないときには「伝言」してもらうことになります。

正しく電話の内容が伝わっているかを確認するためにも、電話で話した内容は活字にしてメールで送るようにしましょう。

メールの文面には、面接に伺えなかったお詫びと入社への強い希望を添えておくといいでしょう。

電車遅延の場合は対応を自分で判断しない

面接当日に電話してくる人の中には、急病が原因でない人もいます。

例えば、面接に向かう途中で電車が遅延してしまい、面接時間に間に合わないときです。

10分以内の遅刻であれば、事前に電話で「電車遅延のため、10分程度遅れそうです。10分程度遅れて到着しても面接していただけますか」と確認をすれば、問題になりません。

本当ならば、10分程度の遅延は予測をしてもっと早めに家を出ればいい話です。

しかし、場合によっては数時間の遅延が発生することもあります。そんなときには、遅延がわかったらすぐに採用担当者に電話をしましょう。

面接当日は、何があるかわからないため必ず「会社の電話番号」と「採用担当者の名前」はメモして持っていくようにします。

電車が遅延した時の電話連絡は、対応を伺うことがポイントです。

「数時間も遅れてしまうなら面接はキャンセルしかない」と思い込み、「今日の面接はキャンセルして日程変更をお願いします」と言ってしまえば、採用担当者は「夜は他社と面接があるのかな」と思ってしまいます。

対応を採用担当者に任せることで、「数時間後でも本日は社内におります。おおよその到着時間がわかりましたら電話してください」と言われる可能性もあるのです。

転職活動は「その日」が勝負であることが多いのです。

タイミングを逃さないためにも、早めに面接を受けられるならばチャンスは逃さないようにしたほうがいいでしょう。

最後に

転職活動は、予測していなかった事態がおこることもあります。

トラブルがおきたときには、慌てずに優先順位を考えて行動するようにしましょう。

また、「すべてを自分で判断しなければならない」と考えていると損することもあります。

時と場合によっては、採用担当者に判断を仰いでみることも、会社の体質を伺うチャンスになるかもしれません。

バナースペース