本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

派遣社員・契約社員から正社員になるには?



一般的な転職活動は、転職サイトやハローワークから求人情報を探し出し、自分で応募する方法です。

雇用形態は、正社員に限らず契約社員の場合もあります。

一方、最近増えている転職が「派遣社員からの転職」です。

派遣社員として長年働いてきたけれど、そろそろ落ち着いて「同じ会社で働きたい」と思った場合の転職です。

派遣社員からの転職は、全く新しい会社に応募する方法と派遣先の会社に正社員もしくは契約社員として採用してもらう方法があります。

今回は、「派遣社員からの転職」にスポットをあてて、正社員登用の道とよくある誤った理解についてお話しします。

派遣社員から正社員への登用を狙うなら前例を探る

派遣社員とは、派遣会社に仲介してもらい、派遣先の会社で働く人をいいます。

一般的な転職活動とは異なり、会社を探すときには派遣会社の担当者に希望勤務地や条件を伝えるだけで、希望に沿った会社を紹介してもらうことができるのです。

派遣社員は、正社員のように「辞めたらゼロから転職活動」という状態にはなりにくいため、一つの会社に固執したくない人や転職活動に時間をかけたくない人に人気があるでしょう。

しかし、歳を重ねていくと派遣先が限られてくる人もいるのです。

「歳をとってきたら、新しい環境に飛び込むことが大変になった」と感じ始めた人の中には、「そろそろ正社員になって、同じ職場で働き続けたい」と思う人もいるかもしれません。

そんなときには、正社員登用の道を探ってみるといいでしょう。

正社員になるためには、求人情報から応募する以外にも、アルバイトや契約社員として入社し、一定の実績を積んで正社員に登用される方法があります。

ただ、正社員登用を狙うならば、事前に確認しておくことがあります。それは、正社員登用の前例の有無です。

本人は「バイトから正社員になる」と思っていても、会社によっては「正社員採用は別ルート」がしっかりと構築されていることがあります。

とくに大手の会社は、正社員として採用するための条件がしっかりと決まっていることが多いため、やる気だけではどうにもならないこともあるのです。

事前に「正社員登用の有無と実績」を調べ、実際に登用されるまでの経過について知っておくといいでしょう。

派遣社員をやりつつ正社員を狙うなら「紹介予定派遣」

「働きながら正社員になる転職活動をしたい人」や「会社をしっかり見てから正社員になりたい人」は、紹介予定派遣を狙ってみてもいいでしょう。

紹介予定派遣とは、派遣社員として働く期間が決まっていて、契約が切れるときには「直接採用」を検討されることになります。

直接採用とは、派遣会社が転職者と派遣先の間に入らず、直接派遣先であった雇い主と転職者が雇用契約を結ぶことです。

紹介予定派遣は、一定の期間は会社の中で実際に働くことができるため、正式に採用される前の「試用期間」を十分にもつことができます。

会社にとっては、試用期間中に「採用すべき人材か」をしっかりとみることができるメリットがあります。

一般的に派遣会社から派遣先に紹介されるときには、1度の面接で決まることがほとんどです。

しかし、紹介予定派遣の場合は、審査や検査が行われることがあります。

会社側にとっては、期間が終わったら「雇用することになるかもしれない人材」であるため、転職面接と同等の検査はしたいと思うのです。

紹介予定派遣を狙うならば、派遣会社に「紹介予定派遣でお願いします」と伝えておくようにしましょう。

紹介予定派遣でよくある誤解

紹介予定派遣は、会社側にとっても転職者側にとってもメリットが多い転職方法です。

しかし、よくされる誤解があります。

それは、「紹介予定派遣で派遣されたら、期間満了後は正社員になれる」という誤解です。

紹介予定派遣は、期間満了して採用が決まったとしても「直接雇用」になるだけで、正社員になれるとは限りません。

むしろ、正社員として採用されることは少なく、ほとんどが契約社員での採用です。

正社員としての採用を望むならば、「紹介予定派遣後は正社員採用」と書かれていることを確認する必要があります。

また、紹介予定の派遣社員として働いていた場合、期間満了後に正社員として採用されても「同じ仕事を継続してできる」と思い込んでいる人が意外と多いものです。

しかし、派遣社員と正社員は待遇だけでなく仕事内容と責任にも大きな違いがあるのです。

正社員として雇用されるようになれば、それなりの仕事内容に変化することも知っておいた方がいいでしょう。

契約社員のよくある誤解「無期契約社員と正社員は違う」

法改正に伴い、「契約社員として長く働いていれば、いずれ正社員になれる」と誤解している人も多いようです。

正しくは「期限付きの契約を繰り返して5年間以上経った人は、無期限の労働契約にします」ということです。

2018年4月には、この条件に合う人が出てくるため「自分は黙っていても正社員になれる」と誤解している人が出てきたのです。

契約社員として5年以上勤めていれば、「無期限契約」ができるという内容のため、正社員とは全く関係がありません。

ただ、一部の大手会社ではこの法改正をきっかけに、正社員化する動きが出たため、「自分も」と誤解した人が出てきたようです。

契約更新を繰り返している人は、勤続5年目になったとき、自分の契約がどのようになるのか、正社員への登用の道はあるのかを確認したうえで、今後の転職方法を検討したほうがいいでしょう。

最後に

派遣社員や契約社員の契約は、複雑です。法改正もあり、さらに今後の動きは読みにくくなりつつあります。

「あの会社もやるなら、この会社もそうだろう」と思い込まず、一つ一つを確実に確認していくことが誤解を生まない唯一の方法ではないでしょうか。


バナースペース