本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

面接の質問に答えられないときの対処法



就職・転職の面接では、さまざまな質問を受けることになります。

全く知識がない質問や、すぐには答えられない質問も多く聞かれるのです。

そんなとき、一番避けたい状況が「黙り込み」です。まだ若い20代の女性は経験が少ない人が多く、緊張して質問に答えられないこともあります。

今回は、その「黙り込み」を避けるとっておきの方法を紹介します。


考える時間が欲しい時には「繰り返し」で時間を稼ぐ

採用担当者は、事前に面接用の質問を考える時間があります。そのため、よく考えられた質問を受けることになるのです。

よく考えられた質問は、答えが出るまでに時間がかかることがあります。

しかし、面接で「黙り込み」をして考えてしまうと、沈黙の時間が流れてしまうのです。

質問の答えを考える時間が欲しいときには、すでに自分が話した内容を繰り返してみましょう。

繰り返して同じことを話すのならば、頭はあまり使いません。同じことをしゃべりながらも頭の片隅で答えを考えるのです。

面接で何を聞かれるかは、その場になってみないとわかりません。

しかし、必ずすぐに答えが出せない質問が織り交ぜてあるものなのです。

時間稼ぎに話す言葉を事前に練習しておくことで、面接本番でも焦らずに「しゃべりながら考える」ことができます。

全く知識がない質問については素直に「知りません」

採用担当者は、転職者がどのような仕事をしていたのかを知りません。そのため、現場で必要な専門知識について質問してくることもあります。

そのとき、「知っていないと落とされるかも」と思ってしまい、知ったかぶりして話し始めないようにしましょう。

採用担当者は、採用のプロです。知ったかぶりして話していることは、すぐに見抜いてしまいます。

そして、知識がなくて知らなかったことよりも「知らないと言えなかったこと」について評価をします。

仕事上では、わからないことやミスはつきものです。そのときに、言い逃れをしたり「わからない」と言えなかったりするようでは困るのです。

質問の意味が全く分からなかったり、知識が不十分で答えられない時には素直に「勉強が足りず、わかりません」や「そのことについての知識はありません」と答えましょう。

「知らない」ことは、悪いことではありません。今後、必要な知識は勉強していく気持ちを伝えてみましょう。


しゃべりすぎない勇気

質問によっては、なにかしら答えなければならないこともあります。そのときに大切なことは、必要以上のことは話さないということです。

一度口から出てしまった言葉は、取り消すことができません。面接の場では複数の人達がメモを取りながら聞いています。

答えなければならないけれど、とても難しい質問の場合は例外的に「沈黙」が許されることもあります。

安易に答えを出さずに、熟慮する姿勢が高く評価されることもあるのです。

就職・転職の面接の質問は、ほとんどが一般的な内容であるため、事前に練習しておけばスムーズに答えが出てくるものです。

しかし、答えに困ったときには「言わなきゃよかった」と思わずに済むような対処法をとることが大切です。


バナースペース