本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

就職・転職に高学歴は有利なのか?



求人の募集要項には、応募条件に学歴が書かれていることがあります。

今回は「知名度の高い大学とそうでない大学とでは差があるのか」「大学名は採用に直接影響があるのか」など、知りたいけれどなかなか聞くことができない「疑問」と、実は恐ろしい「思い込み」についてお話しします。

募集職種と全く関係ない学部卒、これって不利になる?


大学名で採用が決まることはないのか

採用を決めるとき、大学名をみてレベルや偏差値が高い大学から順に採用することはありません。

もしもそうならば、面接の必要はなく履歴書に書かれた学歴だけで採用者を決定できることになってしまいます。

採用担当者は履歴書が送られてくると、応募条件に合った学歴であるかを確認します。

大卒で募集を出しているとするならば、有名大卒であろうと知名度が低い大学卒であろうと通信制大学卒でも、条件は満たしていることになります。

転職の場合は、学歴よりもむしろ職歴の方が重視される傾向があります。


難易度が高い大学を出ていても有利ではないのか

難易度が高い大学を卒業している人には、高い評価がつくことは確かです。

それは学歴に対して評価されるというよりも、難易度が高い大学に合格するために必要な努力や忍耐力が備わっている人材であることがわかるためです。

難易度が高い大学に合格するためには、並々ならぬ努力が必要です。受験に勝ち抜き、合格を勝ち取った成功体験を持っていることは、強い武器になります。

大学名が転職活動に与える影響はなにか

結論から言うと、有名大学や難易度が高い大学の方が就職・転職活動はやりやすいかもしれません。

それは、採用が有利に動くというわけではなく、求人情報の量の差です。

大手企業は、求人を出す手段をいくつか持っていますが、その手段の中には大学に求人を出す方法があります。

そうすると、知名度が低い大学よりも有名大学や難易度が高い大学に求人を出すことが多くなります。

大学を卒業しても、転職活動の時には大学の就職課を利用できることが多いため、有名大学の就職課には必然的に求人が多く集まり、転職活動がしやすくなるのです。

しかし、有名大学の就職課に求人が出されたからといって、有名大学卒の人だけに求人が出されているわけではありません。

企業側も求人を出すことは、手間と時間がかかります。そのため、大学数を絞っているだけなのです。

知名度が低い大学卒の人は、求人を集める手段や行動を多くすることで有名大学卒の人とのメリットの差を縮めることができるのではないでしょうか。

求人情報は、就職・転職サイトや求人情報誌だけではありません。セミナーにこまめに参加することで、大手企業の採用担当者に顔を知ってもらうこともできるのです。

実際に、知名度の低い大学卒の人が、セミナーに何度も足を運ぶことで採用担当者の目に留まり、面接に呼ばれた人もいるのです。


学歴に関わらず受からない人の傾向

大学院卒や有名大学を卒業しているにもかかわらず、採用が決まらない人もいます。

学歴が高いことに安心してしまい、努力が足りなかったり、高学歴という座布団の上にドンと座ったまま面接を受けてしまったりしていることが、原因である可能性があります。

面接をしていると、高学歴な人の中には「会社に入ってあげる」という態度の人もいます。

採用担当者は、「採用しても部下にしたくない」と思えば不採用にするのです。


まとめ

学歴や大学名で採用が決まることはありませんが、求人情報の量や求人の接する機会に影響があるといえます。

しかし、それらのことは手間と時間をかけることで十分に補うことができるのです。

「思い込み」や噂に左右されずに、自分の目と足を使って活動をしていくことが大切です。


バナースペース