本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

内定取り消し、再び就職活動する場合



新卒採用が決まっていた会社から、内定取り消しにあいそのまま卒業。既卒・第二新卒として再び就職活動をしている20代女性もいます。

新卒の内定取り消しにあい、やむなく第二新卒として就職活動をしている人への就活アドバイスをします。

新卒内定取り消し

新卒で採用が決まったにも関わらず、なんらかの理由で内定取り消しになり、就職先が決まらなかった人もいるかもしれません。

「内定取り消し」をされると、自分になんらかの非があったために取り消されたような気もちになります。

しかし、自分が明らかに悪いことをして取り消されたのならともかく、業績悪化などの会社都合の理由で内定取り消しにあった場合には、いい意味での開き直りも大切です。

面接のときには、「業績悪化で内定取り消しになり、就職活動をしております。気持ちを切り替えて、自分を発揮できる会社で働きたいと思っています。」と前向きな言葉を多くしてみましょう。

会社都合で退職

新卒の内定取り消し以外にも、会社都合で退職し転職活動をしている人もいます。

入社してすぐに会社都合で正社員の職を失うのはとてもつらいことです。

会社都合の退職の場合は、自分の気持ちとは関係なく就職活動をしなければならないため、つい暗い言葉が口から出てしまいがちです。

とくに、会社都合で退職させられた人は「やめさせられた」という意識を持っている人も多く、面接での言葉からも、ひしひしと「やめさせられた」という気持ちが伝わってくることがあります。

気持ちはわかりますが、やはりマイナスの感情からはよい印象を受けることはできません。

前の会社の悪口や愚痴は言わないように注意しましょう。

面接では、「気持ちを切り替えて前向きになれる人」をアピールすることができれば、マイナスをプラスに変えることもできるのではないでしょうか。

最後に

20代女性は新卒でなくても、既卒・第二新卒として就職できる会社はたくさんあります。

一度も働いたことがない、前職をすぐに退職してしまった等、個々の事情があると思いますが、明るく前向きにいきましょう。


バナースペース