本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

転職成功する人の新しい職場での心構え



転職活動は想像以上に疲れるものです。

ようやく転職先が決まったとしても、居心地がよくなければ、またすぐに転職をすることになるかもしれません。

今回は、「転職してよかった成功!」と思えるようにするためのコツについてお話しします。

内定後にするべきこと

転職したら以前の仕事のやり方は引きずらない

無事に転職活動を終えることができたら、ほっとしているまもなく新しい生活が始まります。

実務経験がある人は、なんとなく仕事の流れがわかるためスムーズに業務に取りかかることができる人も多いでしょう。

しかし、実務経験が長ければ長いほど「自分ならではの仕事のやり方」が身についているものです。

会社には、会社ごとに承認の流れやシステムがあります。

「以前の会社はこうだった」と思うことはあっても、新しい会社の方針を素直に受け入れることが早くなじむコツです。

自分の仕事のやり方を新たに変えることは大変かもしれません。実務経験が長く、自分のやり方で実績を作ってきた人はなおさらです。

しかし、周囲の人たちからみれば、以前の仕事のやり方を変えない転職者ほど仕事がやりにくい人はいません。

実務経験は自分の底力となっています。転職早々に自分のやり方を通してしまうと、周囲から反感をかい、それがきっかけとなって会社に居づらくなってしまうこともあるのです。

「郷に入っては郷に従え」というように、自らが新しい職場になじもうと努力しなければ居心地の良い職場にはならないのです。

人間関係を早く察知する

新しい職場を自分の居心地の良い職場にすることができれば「転職して良かった、成功!」と思えるのです。

そのためには、新しい職場のシステムを受け入れることが大切だという話をしました。

もう一つ、大切なコツがあります。それは「会社の人間関係を早く察知する」ことです。

会社は組織であるため、肩書だけではあらわせない人間関係と力の強さがあります。

その見えないつながりをいち早く察知しておくと、その後の付き合い方がスムーズになり、居心地の良い職場になるのです。

人間関係は、仕事中はなかなかわかりづらいかもしれません。

本当の人間関係と強さの順番を知るためには、仕事が終わった後の飲み会に参加することが一番です。

転職者の中には、「仕事とプライベートをきっちりと分けたい」というクールな考えを持っている人もたくさんいますが、転職してしばらくは「飲み会は今後のため」と思って参加したほうがいいでしょう。

飲み会の場では、仕事中よりも口数が多くなりがちです。席順や口調から、肩書が違っても同期入社の人や社内結婚の人などの情報を仕入れることができます。

人間関係の情報は、すぐに仕事上で役立つことはありませんが「居心地の良い職場」にするためにはとても役立つものです。

前の職場と比較しない

転職してみると、前の職場が一段良く感じることがあります。

「嫌だ」と思って転職したとしても、新しい転職先が決まると前の職場の良いところばかりが思い出されるのです。

そうすると、つい前の職場と転職先とを比較し、新しい職場の悪いところが目につき始めます。

悪いところを探し始めると、どんどん悪いところしか目につかなくなるものです。どんなにいい職場でもいいところと悪いところがあります。

「転職して良かった、成功!」と思うためには、「転職活動中は転職先の悪いところや気になるところを徹底的に考え、解決します。

そして、転職先が決まったら良いところや転職して良かったところを積極的に探す」のです。

最後に

新しい環境へたった一人で入る転職というのは、活動が終わってからも慣れるまでは大変です。

気持ちを切り替えて、新しい職場を好きになろうとする気持ちが「転職してよかったと思える転職成功!」にする一番大切なコツなのかもしれません。


バナースペース