本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

転職エージェントを使って得する人と損する人



転職エージェントは、転職活動の強い味方です。

しかし、転職エージェントは「採用者」を出すことで、利益を得ることができるシステムになっています。

そのため、人によって転職エージェントを利用するメリットの大きさが異なるのです。

今回は、転職エージェントを利用して「得する人」と「損する人」の違いについてお話しします。

転職エージェント側のメリット

転職活動をするとき、転職エージェントを利用する人もいます。

転職エージェントを利用するとき、転職者が費用を支払う必要はありません。

希望する条件や自分のスキルを登録するだけで、自分に適した転職先を無料で紹介してもらうことができます。

しかし、転職エージェントはボランティア団体ではありません。

転職エージェントは、転職者を募集している企業から受け取る手数料を収入としているのです。

一般的に転職エージェントの手数料は、転職者の年収の3割程度といわれています。

例えば、年収300万円の人が採用された場合は「約90万円」が収入となるのです。

つまり年収が高い人の転職を成功させればさせるほど、転職エージェントは収入が大きくなります。

転職エージェントにとっては、年収に関わらず、一人の転職を「成約」させる手間はどの転職も同じです。

条件に見合った転職先を探し、書類選考を突破させ、面接の日程調整を行います。

その後は、入社日まで決まった手続きをして、無事入社してはじめて「手数料」を受け取るのです。

手数料が10万円の人も30万円の人も同じ手間がかかるならば、やはり転職エージェントは、30万円の人の方に積極的に転職先を紹介することになるのではないでしょうか。

「転職エージェントはどんな人にも平等に転職先を紹介してくれる」と思い込み、担当者に転職活動の舵取りを任せていると、時間だけが過ぎていくこともあり得るのです。

「採用が決まりやすい人」と「年収が高い人」

転職エージェントにとって「上客」は、手数料を高く受け取ることができる人です。

手数料は年収に応じて変わるため、年収が高い人は転職エージェントにとって上客になるでしょう。

ただ、どんなに上客であっても転職先が決まるまでに何年もかかったり、条件がコロコロと変わるような手間がかかる人は例外です。

「転職目的が明確で、紹介する企業が選びやすい人」かつ「年収が高い人」は、転職エージェントから積極的な紹介やアプローチを受けることができるでしょう。

転職エージェントを利用して得する人は、ステップアップを目的とした人や年収が高い人です。

「採用してくれる会社はありますか」という状態ではなく、「転職先を選ぶ立場になれる人」ならば、転職エージェントを利用するメリットが大きいのではないでしょうか。

転職エージェントで損する人

転職エージェントの担当者が二人の転職者を受け持っていた場合、年収が高く「売り込める項目が多い人」の方を優先する可能性が高いでしょう。

転職エージェントが企業の採用担当者に売り込みをするとき、言い方は違っても「わが社はスキルが高く、つかいやすい人を紹介します」と言う傾向があります。

つまり、転職先に求める条件が多い人は転職エージェントにとっては「紹介しづらい人」になってしまうのです。

紹介しづらい人は、後回しにされてしまうものです。

転職者は自分が「紹介しづらい人」として扱われていることを知らないため、いつまでも紹介してもらえるときを待ってしまいます。

「待っている時間」は、停滞している時間です。

転職活動は、動けば動くほど変化があり、前に進むことができます。

転職において「条件」がある人は、転職エージェントだけを頼りにするのではなく、さまざまなアプローチをしてみるほうが、より効率的な転職活動ができるかもしれません。

最後に

転職エージェントは、たくさんの転職者を接してきた経験があります。

転職エージェントを利用するメリットは、転職先を紹介してもらうことだけではありません。

他の転職者と比較して、自分に何が足りないのかを指摘してもらうことも大きなメリットです。

転職に条件がある人は、「紹介してもらえない」とあきらめるのではなく、少しでもヒントやアドバイスをもらえるように接触してみてもいいのではないでしょうか。


バナースペース