本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

食品業界で働きたい!メーカーと商社の違いについて



食品業界は大きく分けると、食品を製造するメーカーとメーカーと小売店の間に入る専門商社があります。

同じ食品業界と言っても、この二つには仕事内容や特徴に違いがあります。

今回は、「食品業界に転職したい」と思ったときに、知っておくとよい情報を紹介します。

食品メーカーに転職を希望するなら会社の個性を知る

食品メーカーには、会社ごとに得意としている商品があります。

例えば、冷凍食品を主力商品としている会社もあればお菓子を製造している会社もあります。

メーカーに転職を希望する場合は、企業研究が非常に大切です。

大手食品メーカーは、新卒採用で定期的に採用活動を行っていることがほとんどです。

応募倍率も高い傾向があり、中途採用枠は限られています。

厳しい応募倍率を勝ち抜くためには、「食品メーカーに転職したい」という気持ちだけでなく、「貴社だから働きたい」という気持ちをアピールする必要があります。

また、メーカーは定期的にイベントを開催しています。

お菓子メーカーならばお菓子の見本市が開催されているときに参加し、同業他社との違いを研究しておくと役立ちます。

食品専門商社に転職を希望するなら流通についても勉強

商社のには、総合商社と専門商社があります。食品を専門的に扱っている商社は、食品専門商社といいます。

食品専門商社は、メーカーから商品を仕入れ、小売店に売ることになるのですが、最近はプライベートブランドの流行などにより、専門商社のような仲買はさまざまな工夫を求められています。

就職・転職するならば、「商社が生き残るためにできることはなにか」をしっかりと答えられるようにしておくと面接で役立つかもしれません。

専門商社は、メーカーとは違いさまざまなメーカーと取引があります。

一般的に数十年にもわたっての長い付き合いで関係が成り立っていることが多いため、新卒・中途採用であっても長い間に培われたメーカーとの信頼関係を壊さないような礼儀と常識をわきまえておく必要があります。

商社は、メーカーのように商品だけで勝負するのではなく、信頼関係が非常に大切になります。

営業職を希望する人だけでなく事務職を希望する女性も、面接のときにはいつも以上に言葉遣いや人当たりに注意するとよいでしょう。

食品業界に共通して求められることは「安心安全」

食品業界には、メーカーと専門商社がありますが、共通して大切なことは「安心と安全」です。

食品は人の体に入るものなので、利益や仕事のスキルよりも「安心できる商品を届ける」という心構えは持っておく必要があります。

食品業界には、大企業から中小企業まで幅広い会社がありますが、意外と業界はつながりがあり、同業他社からの転職者が多い業界です。

前職場で不満があったとしても、後味が悪い辞め方をしてしまうと後々自分が苦労することになります。

食品業界に転職するならば、「会社は変わっても業界にいる以上はつながりがある」と思っていた方がいいでしょう。

食品業界では、見本市が定期的に開催されています。

専門商社が主催で行われることも多く、各メーカーが自社の商品を持って出店します。

見本市には、小売店やレストランの仕入れ係が参加して新たに仕入れる商品や価格の商談を行います。

見本市は、招待状を持っている人に限られることもありますが、たくさんの企業を一挙に研究できる絶好のチャンスです。

各メーカーの営業マンの仕事のやり方や主力商品などを研究することができます。

ちょっとした努力をすることで、できる人という印象を与えられ、採用が近づきます。

まとめ

食品業界は歴史が長い会社が多いため、就職・転職対策の傾向と対策がしやすい業界でしょう。

求人情報は、大企業ならば公式サイトや転職サイトが見つけやすく、中小企業や専門商社ならばハローワークに求人を出していることも多いようです。

食品業界は、比較的求人も出ているためこまめにチェックしてみるといいでしょう。


バナースペース