本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

転職フェアやセミナーに参加するメリットとは?



夏になると、電車の中刷りなどで「転職フェア」や「転職セミナー」という文字を目にする機会が増えるのではないでしょうか?

「転職したい」と思っても、現在働いている人はなかなかセミナーやフェアに参加する時間をとることは難しいでしょう。

そこで、会社の夏休みがとりやすい7月と8月は「合同会社説明会」や「転職セミナー」が多く開催されるのです。

今回は、大手転職関連企業が開催する「転職フェア」や「転職セミナー」の魅力を紹介します。

「転職フェア」や「転職セミナー」に参加するには?

ほとんどの転職フェアは、予約不要で参加することができます。

電車の中刷りを気をつけてチェックしてみるだけでも、夏は頻繁に転職フェアが開催されていることがわかります。

転職フェアは、土日など会社が休みの日に開かれていることが多く、午前10時ごろから夕方まで行われ、出入りも自由になっています。

フェアを主催する会社は、転職サイトを運営しているような転職関連企業であることがほとんどです。

開催場所も都心にある大きな展示場で行われます。

フェアに参加するためには、「電車の中刷りをチェック」「転職サイトのホームページをチェック」することで、開催スケジュールを確認しましょう。

事前予約は必要ありませんが、持っていく物や聞きたいことを準備しておく必要はあります。

「転職フェア」と「転職セミナー」の違いはとは?

転職フェアと転職セミナーとは名前は似ていますが、内容はかなり違います。

転職セミナー

転職セミナーは、セミナーというだけあって、どちらかというと「転職することを決めた人向け」のイベントです。

転職を上手に進めていく方法や面接の受け方など、より実践的な内容を講義と実習などを通じて学んでいきます。

転職フェア

一方、転職フェアは「転職しようか迷っている人にもおすすめ」のイベントです。

転職先や職種が決まっていない人でも、さまざまな企業と接するチャンスが用意されているため、転職について全く知識がない人でも一から教えてもらうことができます。

転職フェアは、企業の採用担当者と接することができるだけでなく、履歴書の書き方や自分のスキルやキャリア相談にのってもらえるブースも用意されています。

「転職したいけど、どうしたらいいのかわからない人」や「転職活動に行き詰った人」が、新たなスタートを切る機会を与えてくれることもあるのです。

まとめ

転職セミナーは、どちらかというと転職活動をすでに始めていて軌道に乗っている人が多く参加します。

一方で転職フェアは、転職活動初心者やまだ始めていない人も多く参加しています。

転職フェアやセミナーに参加するメリットとは?

本当に聞きたいことを質問できる

転職フェアには、たくさんの会社から採用担当者が集まり、会社ごとにブースが区切られています。

参加企業は、1社ごとにブースに区切られているため、会社説明会や面接のように周囲を気にする必要がありません。

また、転職フェアは採用面接ではないため、ブース内では「本当に聞きたいこと」を質問することができます。

転職活動の服装&髪型

また、転職フェアには転職活動を考えている人たちがたくさん集まります。

自分一人で活動していたときには気がつかなかった髪型や服装の大切さに気がつくことができるでしょう。

転職フェアの公式サイトには、服装自由となってます。しかし実際に参加している人の大半はスーツを着ています。

服装は自由とはいえ、カジュアルすぎる服装は避けたほうが無難です。

まさに転職フェアでは「人の振り見て我が振り直せ」を実感することができるのです。

リフレッシュ

転職フェアは、広い面積の展示場で行われることが多いため、歩き回っているだけでも疲れるものです。

フェアでは、休憩所も用意されています。

休憩所では、転職仲間を雑談をしたりするチャンスでもあり、気分転換をすることもできるのです。

たくさんの企業が参加している

また、転職フェアには、たくさんの企業が参加しています。

実際に会社で働いている現役社員がフェアに来るため、会社の雰囲気や具体的な仕事内容を聞くことができます。

フェアに参加することで、全く興味がなかった会社や知らなかった会社と出会い、採用を決めた人も多いのです。

転職を成功させるコツは、「たくさんの企業と出会うこと」でもあるのではないでしょうか。


バナースペース