本文へスキップ

20代初めての就職・転職!履歴書・志望動機の書き方から面接対策まで。

転職回数が多いと不利?3回以上転職した人の面接対策!



転職回数は少なければ少ないほど良いと言われています。初めての転職であれば、即戦力になる経験者として逆に有利になるかもしれません。

しかし、3度目以上の転職になると、転職理由が「会社ではなく本人にあるのではないか」と思われてしまうかもしれないのです。

今回は、転職回数が3回以上と多い場合に、面接で言っておいた方がいいことについてお話しします。


転職回数が多いからこそ包み隠さず話す

転職回数が多いということは、会社や仕事と自分のニーズが合わない傾向があるのかもしれません。

採用担当者は「転職回数が多い人は会社に求めることが多い人」と思ってしまうこともあるのです。

転職回数が3回を超えている人は「転職回数が多い人」に入ります。

面接のときには、自分の転職回数が多くなった理由をきちんと話したほうがいいでしょう。

もしも毎回、人間関係が問題で退職しているようならば、会社の人間関係とプライベートの人間関係を一緒に考えてしまっているのかもしれません。

同じ会社で長く働きたいと思うならば、会社の人間関係は一線をひいた付き合いにとどめておくほうが賢明かもしれません。

もしも自分のスキル向上のために転職を繰り返しているようならば、具体的にはっきりと話したほうがいいでしょう。

転職者には、向上心を持っている人は多いものです。

採用担当者が「最終的に求めている立場やスキル」を知ることで、配属先や教育を考える可能性があります。

自分が求めていることを会社側に伝えるだけでも、お互いの歩み寄りに役立ち、長く働ける職場に近づくかもしれません。

転職回数が多いからといってビクビクしない!

「転職回数が多い」ことは、コンプレックスになったり、引け目に感じたりするかもしれません。

しかし、面接のときに「転職理由について深く追及されるのではないか」とビクビクしてしまうと、自信がないように見えるだけでなく、「退職に関して後ろめたいことがあるのかな」と勘繰られてしまうかもしれません。

転職回数が多かったとしても「それぞれの職場で着実に経験を積み上げてきたんだ」と考えたほうが前向きになるでしょう。

面接では、回数に関わらず必ず転職理由を聞かれます。事前に答える言葉を考えておいた方が安心です。準備しておくことで心に余裕をもって面接に行くことができます。


「これが最後の転職である」ということは必ず言う

転職面接で「これが最後の転職です」と言われると、採用担当者はホッとするものです。

実際に入社してみないと最後の転職になるかはわからないけれど、転職を繰り返すつもりであるということは否定することができます。

転職回数が多い人を採用するときに、一番壁になることは「転職に抵抗がなくなっている可能性がある」ということです。

「とりあえず入社して嫌だったら辞めよう」と思う気持ちも時には必要です。

しかし、それは転職者の立場だから言えることであって、採用担当者は採用した以上は責任があります。

入社を決断するときには、やはり「これを最後の転職にする」という強い気持ちは持っていたほうがいいでしょう。


まとめ

20代で転職回数が多くてもプラス評価につながる女性は、だんだんと責任あるポジションや業務内容に変化している人です。

自分が転職するたびに成長しているのであれば、転職回数が足を引っ張ることはないのです。

「転職を重ねたことで、自分は何を得ることができたのか」を分析することができれば、面接で退職理由を深く追及されたとしても動揺することはないのかもしれません。


バナースペース